ゲストさん [ログイン]

はじめに [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

本サイトでは、ヘルスケアを中心に皆様に大いに役立つ本を著作者の許可を得て順次公開しています。本サイトの内容は全て著作者の財産であり、著作権法によって保護されています。いかなる場合でも本内容の複製、変更、転載、頒布を禁じます。
書籍名 アルツハイマーガイドブック
見出し はじめに

内容

はじめに


 アルツハイマー患者の介護は、苦労の多い、むずかしい仕事です。本書は、介護者のあなたが今後直面するはずのさまざまな状況に、うまく対応するための指針として書かれました。実際のできごとをもとに想定した典型的な問題と、その効果的な解決策が、テーマごとに並んでいます。最初から最後まで通して読んでもいいし、特定の問題を選んでそこだけ読んでもいいでしょう。各項目の最後で、関連するほかの項目に飛べるようになっています。

 

 本書に示した事例は、あなたの置かれた状況とまったく同じではないかもしれません。けれども、個々の事情に合わせてじゅうぶん応用がきくはずです。〝おかあさん〟〝おとうさん〟ということばがよく出てきますが、現実に介護する相手は、ほかの親族かもしれないし、友人、配偶者、あるいは仕事でお世話する患者さんの場合もあるでしょう。また、本書では、病気の進行段階によって対応を区別していません。どんな状況であれ、何よりも大切なのは、患者への接しかたとコミュニケーションだからです。

 

 病気の進行にともなって記憶力や認知力が衰えるため、患者の知的能力は低下するかもしれませんが、感情面でのニーズには変わりがありません。効果的な介護をするには、尊厳と信頼感を保てるよう工夫を凝らすことが大切です。そんな留意点ははじめて聞いたという人は、たぶん、本書の考えかたが型破りに思えるでしょう。けれども、いったん実行に移してみれば、納得できるはずです。


 これまでの一般的な考えでは、介護者は認知症の患者に絶えず〝現実〟を再認識させるべきだ、とされていました。しかし、アルツハイマーという病気は、脳の短期記憶をつかさどる細胞そのものを破壊するので、〝現リアリティー・セラピー実療法〟を施しても効果がありません。わたしたちは、むしろ、知力の状態にかかわらず互いの感情や思考を尊重することが大切ではないかと考えています。場合によっては、アルツハイマーの患者に対して、罪のない(〝愛情からの〟)うそをつく必要が生じるかもしれません。


 アルツハイマーにかかると、記憶が失われてしまいます。ところが、つい一時間前に起きたことは思い出せないのに、子どものころのできごとははっきり思い出せる場合がけっこうあります。アルツハイマーの患者は、現実の混乱がどんどん深まるにつれて、過去に逃げこむことが多いのです。愛する人がはじめてこういう態度を示したとき、何がなんでも現在に引きもどしたくなるのが人情でしょう。けれども、こうした状況では、患者はできごとを思い出すというより、あらたにもう一度体験していると考えたほうが近いのです。現在に引きもどすには、一緒に体験するつもりで取り組んだほうが効果的です。


 もしかしたら、たとえ罪のないうそでも、うそをつくのは気がとがめるかもしれません。しかし、アルツハイマー患者に接するときは、患者がそのとき認識している現実に合わせたほうがうまくいきます。あなたにとってはうそでも、患者にとっては真実なのですから、そうしたうそをつくことは何よりも思いやりのある優しい対応になります。


 たとえば、おかあさんがアルツハイマーと診断され、ひとりで暮らすことができなくなったので、正直に事情を話してあなたの家に住まわせたとします。おかあさんは自分の家から無理やり引き離されたことを怒って、介護されるのをひどくいやがるかもしれません。あなたはそのせいで、たとえ費用捻出のために自宅を抵当に入れるはめになろうと、介護施設に頼ることを真剣に考えるようになります。


 そうした思いきった手段を講じる前に、本書を読んで、おかあさんと心を通じあわせる道を探ってください。もしかしたら、おかあさんはもう、胸のうちをすなおに明かしてくれないかもしれません。そしておそらくは、不安と混乱のまっただなかにいるはずです。世界がひっくり返ってしまい、自分がどこにいるのか、自分がだれなのかさえわからないのですから。怒りに駆られてあなたを激しくののしるとき、おかあさんはたいてい、いかに怯えているかを知らせようとしています。あなたという人間が、強くて穏やかで、安心を与えてくれる存在であることを望んでいるのです。


 まずは、ぶつけられた怒りを受け流して、あなたがおかあさんを愛し、理解していることをわからせてあげましょう。最初の二、三週間が最もつらい時期ですが、経験を積むうちに効果的な対応が自然に身につくはずです。けっして簡単ではありませんが、昔のおかあさんを失ったことを嘆くのではなく、ありのままのおかあさんを敬いましょう。なんと言っても、いまなお、たくさんの愛情や笑いや楽しみを分かちあえる大切な人なのですから。


アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み はじめに
作成者 openknow84
作成日時 2008年10月10日 17:35:50
最終更新者 openknow
最終更新日時 2011年4月26日 18:50:34
スキーマ (なし)