ゲストさん [ログイン]
展示会 ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010

ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

名前ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010
URLhttp://
開始日2010年6月11日
終了日2010年6月11日
期間平成22年6月11日(金)  13:00~15:30
会場JR品川イーストビル5階
主催反射率塗膜の現場における効果検証研究会
協力・後援環境省, 社団法人 日本塗料工業会, 財団法人 日本塗料検査協会, 大阪府 HITEC(ヒートアイランド対策技術コンソーシアム)
入場料区分有料(招待状があれば無料)
入場料2000 円
ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010

開催日 :平成22年6月11日(金)  13:00~15:30
開催場所:東京都港区港南2-18-1
     JR品川イーストビル5階(JR品川駅))

13:00 開会
      挨拶  松尾 陽教授 (東京大学名誉教授)
13:10 基調講演
 1)環境におけるヒートアイランド対策について
     土居  健太郎室長 (環境省水・大気環境局大気生活環境室)

 2)高反射率塗料とヒートアイランド対策について
   「高反射率塗料」の現場に於ける効果検証、二点校正法の考えとASTM
    森山正和教授(摂南大学理工学部住環境デザイン学科)

13:50 現場に於ける効果検証 <二点校正法実施例の紹介>
       (1)題名:高反射率塗膜の現場での二点校正法による効果検証
                 TOTO(クールシティ中枢街区パイロット事業)
                 村田泰孝准教授(崇城大学 工学部 建築学科)

       (2)題名:高反射率塗膜の現場での二点校正法による効果検証
                 大阪府ドーンセンター(大阪府補助金 HITEC)
                 竹林英樹准教授(神戸大学 工学部 建設学科)

       (3)題名:高反射率塗膜の現場での二点校正法による効果検証
               パシフィコ横浜(クールシティ中枢街区パイロット事業)
               酒井孝司教授(明治大学 理工学部 建築学科)

       (4)題名:T工場屋根7年経過高反射率塗膜の反射率変化と効果検証
           酒井孝司教授(明治大学   理工学部  建築学科)
15:00 質疑応答

15:10 まとめ  松尾 陽教授(東京大学名誉教授)

15:20 閉会


●入場料:2,000円
(配布資料代として当日徴収)


●事前登録
参加希望者は  所属・連絡先を明記の上、下記へ6月7日までに
メールにてご連絡下さい。
宛先 日本ペイント 津島 宏
メールアドレス TECHMAIL_GLASIA@npc.nipponpaint.co.jp

前後のページ
ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウム2010

検索経路
名前別 ヒートアイランド対策と効果検証シンポジウ...
開始日別 (月) 2010年6月
会場別 JR品川イーストビル5階
主催別 高反射率塗膜の現場における効果検証研究会
入場料区分別 有料(招待状があれば無料)
同時開催別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ひーとあいらんどたいさくとこうかけんしょ...
作成者 openknow
作成日時 2010年6月2日 12:10:33
最終更新者 openknow
最終更新日時 2010年6月2日 12:11:53
スキーマ (なし)