ゲストさん [ログイン]

平成18年 2月 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

化学物質による災害発生事例
分類一酸化炭素による中毒等
発生状況砂防ダム建設工事における生コンクリートの寒冷対策養生のため一晩燃やした七輪を現場事務所まで運ばせ、まだ火がくすぶっている状態のまま事務所の床に並べた。寒冷のため、現場事務所の窓は閉め切ってあり、さらに換気扇は、他の機器に電源コンセントが使われていたため使用できない状況の下、事務所内で工事書類の作成その他を行っていたところ、一酸化炭素中毒で倒れた。
被災状況中毒1名
発生時期平成18年 2月
業種河川関係事業
発生原因等管理監督者(被災者)の安全衛生に関する認識不十分, 燃焼を続けていた練炭の屋内放置, 換気設備使用できず
原因物質一酸化炭素
引用厚生労働省

前後のページ
平成18年 2月

検索経路
発生年度別 平成18年
要因分類別 一酸化炭素
要因詳細分類別 一酸化炭素による中毒等
発生日別 平成18年 2月
業種別 河川関係事業
被災状況別 中毒
原因物質別 一酸化炭素
発生原因等別 換気設備使用できず
発生原因等別 燃焼を続けていた練炭の屋内放置
発生原因等別 管理監督者(被災者)の安全衛生に関する認...
被災規模(new)別 中毒1名
No AN20130383
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み いっさんかたんそ
作成者 openknow
作成日時 2013年5月21日 16:43:19
最終更新者 openknow
最終更新日時 2019年1月18日 03:51:17
スキーマ (なし)