ゲストさん [ログイン]

平成19年 3月 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

化学物質による災害発生事例
分類一酸化炭素による中毒等
発生状況自動車用ブレーキチューブ材料の成型・加熱処理後の冷却工程において、チューブが冷却管の出口で詰まったため、専用の治具を使用し、チューブが冷却管の出口から出るように調整作業を行っていたところ、還元ガス(一酸化炭素約10%含有)の元栓を閉めなかったために、還元ガスを吸入し、一酸化炭素中毒となった。
被災状況中毒1名
発生月平成19年 3月
業種自動車製造業
発生原因等非定常作業の作業標準の不徹底, 一酸化炭素濃度測定未実施, 呼吸用保護具未着用, 危険有害性の認識不足
原因物質一酸化炭素
引用厚生労働省

前後のページ
平成19年 3月

検索経路
発生年度(西暦)別 2007年
発生年度別 平成19年
要因分類別 一酸化炭素
要因詳細分類別 一酸化炭素による中毒等
発生日別 平成19年 3月
業種別 自動車製造業
被災状況別 中毒
原因物質別 一酸化炭素
発生原因等別 一酸化炭素濃度測定未実施
発生原因等別 危険有害性の認識不足
発生原因等別 呼吸用保護具未着用
発生原因等別 非定常作業の作業標準の不徹底
被災規模(new)別 中毒1名
No AN20130544
公開日別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み いっさんかたんそ
作成者 openknow
作成日時 2013年5月21日 16:43:23
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年3月1日 00:57:19
スキーマ (なし)