ゲストさん [ログイン]
安全スタッフ 2017年 減少傾向から死亡災害急増

減少傾向から死亡災害急増 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

減少傾向から死亡災害急増
宮城労働局


 宮城労働局(土田浩史局長)は、死亡災害が多発しているとして業界団体などに対し緊急要請を行った。管内の死亡災害は長期的に減少傾向で、平成25年には過去最少の17件となったものの、26年12月に過去5年間で最大となる1カ月4件の死亡災害が発生、その後も死亡災害が相次いだことから取組み強化に乗り出した。
 今年1~3月までの死亡災害は7件に上り、すでに過去5年間で最も高い水準となっている。「ワゴン車で走行中に対向車線にはみ出してきたトラックと正面衝突」「大型トラックで走行中、対向車線から中央分離帯を乗り越えてきたトラックと衝突」など、陸上貨物運送業が3件を占める。
 要請では、ドライバーの適正な労働時間の管理、健康管理、走行管理などを行うよう求めている。
安全スタッフ / 労働新聞社
【2015年5月15日】
http://www.rodo.co.jp/periodical/staff/

前後のページ
減少傾向から死亡災害急増

検索経路
日付別 (月) 2015年5月
区分別 雑誌
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み げんしょうけいこうからしぼうさいがいきゅ...
作成者 openknow
作成日時 2015年7月30日 15:26:15
最終更新者 openknow
最終更新日時 2015年7月30日 15:26:15
スキーマ (なし)