ゲストさん [ログイン]
労働新聞 不当労働行為審査 「関与和解」が大幅増加――東京都労働委員会

不当労働行為審査 「関与和解」が大幅増加――東京都労働委員会 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

不当労働行為審査 「関与和解」が大幅増加――東京都労働委員会

東京都労働委員会は、平成27年における不当労働行為審査事件の取り扱い状況をまとめた。終結した事件数は139件で、約7割が和解により解決している。とくに労委が助言や仲立ちなどをして和解に至る「関与和解」が前年を20件上回る84件に達し、終結事件全体に占める割合が過去10年で最高の60.4%に上った。和解が増えたため、平均処理日数も短縮化している。「景気回復の影響によって企業における労働条件の改善がみられ、関与和解による解決が進みやすかった」(都労委事務局)としている。
労働新聞 / 労働新聞社
【2016年7月4日】
http://www.rodo.co.jp/periodical/news/

前後のページ
不当労働行為審査 「関与和解」が大幅増加――東京都労働委員会

検索経路
日付別 (月) 2016年7月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ふとうろうどうこういしんさかんよわかいが...
作成者 openknow
作成日時 2016年8月4日 10:49:22
最終更新者 openknow
最終更新日時 2016年8月4日 10:50:27
スキーマ (なし)