ゲストさん [ログイン]

平成26年7月 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

化学物質による災害発生事例
分類特定化学物質による中毒等
発生状況ガラスびん製造工場で、被災者が調合場ホッパーの投入口でホッパー内の重クロム酸カリウムの残量確認作業を行っていた際に、使用していた懐中電灯をホッパー内に落とし、降りて拾おうとしたところ、出られなくなった。救出までの約1時間、重クロム酸カリウムの粉じんを吸入した。ホッパー内が暑かったため、防じんマスクを外していた。被災から25日後に死亡した。
被災状況死亡1名
発生月平成26年7月
業種その他のガラスまたはガラス製品製造業
発生原因等危険有害性の認識不足, 作業標準不徹底, 安全衛生教育不十分
原因物質重クロム酸カリウム
引用厚生労働省

前後のページ
平成26年7月

検索経路
発生年度(西暦)別 2014年
発生年度別 平成26年
要因分類別 特定化学物質
要因詳細分類別 特定化学物質による中毒等
発生日別 平成26年7月
業種別 その他のガラスまたはガラス製品製造業
被災状況別 死亡1名
原因物質別 重クロム酸カリウム
発生原因等別 作業標準不徹底
発生原因等別 危険有害性の認識不足
発生原因等別 安全衛生教育不十分
被災規模(new)別 死亡1名
No AN201307348
公開日別 2017年1月25日
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み とくていかがくぶっしつ
作成者 openknow
作成日時 2017年1月25日 17:50:44
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年3月1日 00:57:09
スキーマ (なし)