安全マニュアル|会員専用
ゲストさん [ログイン]
安全マニュアル会員専用 産業医武神健之からの役立つ情報 ストレスチェック制度2年目やっています_2017年11月14日

ストレスチェック制度2年目やっています_2017年11月14日 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃安全衛生管理体制のために、安全衛生委員会運営のために、

┃労働安全衛生管理と産業医活動にお役立て下さい。

drtakegami.com資料

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━産業医・武神健之、2017年11月14日


ストレスチェック制度2年目やっています


今日は、

ストレスチェック制度2年目やっています】

という内容です。

あなたのお役に立てば幸いです。


私の産業医クライエントでは

ぼちぼち、2年目のストレスチェックテストが終了しつつあります。


20数社のうち、

1社のみ、テスト業者を昨年から変えました。


具体的には、厚生労働省のテストプログラムをやめて

会社の入っている保険会社の無料提供のものに

変えました。

(使い勝手の関係です)


ストレスチェックテストの受検率ですが、

昨年よりも高いところは、ほとんどなく

5-15%減少という感じです。


これをどう解釈すべきかは、

まだわかりません。


あんまりネガティブには

現時点では

捉えていません。。。


ストレスチェック制度が始まって感じることは

その後の電通事件、働き方改革なども関係しているのでしょうが、

会社でストレス、ハラスメント、過重労働について

話す機会が多くなったことです。


産業医の私が話すのではなく、

一般社員が

ストレス、ハラスメント、過重労働について、話す機会が増えました。


だからこそ、会社では、

より、求められていることがあります。


それは、ルール作りではありません。

どのようなルールも抜け道や落ち度はあります。


何かあった時、

感情的なわだかまりは、どのようなルールがあっても、

法的な労使トラブルは、免れません。


大切なのは、そうならない

”雰囲気”作りです。


=======================

職場の雰囲気として、

ストレスや不安、ハラスメントや過重労働、

いずれもネガティブではなく

ポジティブに語れるようになること。

=======================

それが大切だと感じたこの2年です。


その雰囲気づくりをできること。

もちろん、基本的な労使関連知識を持った上で。

もしくは、そのようなプロとのつながりを持った上で。


そのような人をたくさん作り出せば、

会社で、不安たストレスに悩んだり

ハラスメントに苦しんだり

する人たちが減ると考えています。


あなたも、そのような一員となり、

一緒に活動しませんか。


々と同じように活動いただける方は、

ぜひ、以下リンクよりお願いします。


==============================

-2日間の養成講座-

ストレスマネジメントファシリテーター養成講座

【東京】11月25-26日 【名古屋】2月3-4日

https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai

==============================

メンタルヘルスファシリテーター養成講座

【東京】11月25-26日

https://jsca.co.jp/seminars/mhfyouseishousai

==============================


あなたにお会いできますこと、

とても楽しみにしています。


11月の講座は今週で締め切り予定です。

++++++++++++++++++++++++


以上、お読みいただきましてありがとうございます。

コメント、ご質問等、お待ちしております。

bit.ly/jw17lT


前後のページ
ストレスチェック制度2年目やっています_2017年11月14日

アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み すとれすちぇっくせいど2としめやっていま...
作成者 openknow
作成日時 2018年1月18日 16:54:49
最終更新者 openknow
最終更新日時 2018年1月18日 17:17:57
スキーマ (なし)