ゲストさん [ログイン]
労働新聞(~2018年) セクハラ・親会社としての責任認めず――最高裁でイビデンが逆転勝訴

セクハラ・親会社としての責任認めず――最高裁でイビデンが逆転勝訴 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

セクハラ・親会社としての責任認めず――最高裁でイビデンが逆転勝訴

基盤大手のイビデン㈱の子会社で働いていた女性労働者が、セクハラ被害による損害賠償を求めた裁判で、最高裁第一小法廷(池上政幸裁判長)は、2審判決の同社の責任を認めた部分を破棄した。女性を直接指揮監督する立場になかったことなどから、就業環境に関して対応する義務はなかったと判断。セクハラ行為者と子会社に対する220万円の損害賠償が確定したものの、同社の親会社としての責任は問われなかった。
労働新聞 / 労働新聞社
【2018年3月5日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
セクハラ・親会社としての責任認めず――最高裁でイビデンが逆転勝訴

検索経路
日付別 (月) 2018年3月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み せくはらおやがいしゃとしてのせきにんみと...
作成者 openknow
作成日時 2018年3月9日 09:50:28
最終更新者 openknow
最終更新日時 2018年3月9日 09:50:28
スキーマ (なし)