ゲストさん [ログイン]
労働新聞 社長の激昂、叱責に“正当性”――大阪高裁・労働者が怒りを助長

社長の激昂、叱責に“正当性”――大阪高裁・労働者が怒りを助長 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

社長の激昂、叱責に“正当性”――大阪高裁・労働者が怒りを助長

就業時間中の組合活動を議題とした交渉中、社長から「しばき倒すぞ」などと机を叩きながら叱責され精神に不調を来したとし、パナソニックアドバンストテクノロジー㈱(大阪府門真市)の労働者が労災認定不支給の取消しを求めた訴訟で、大阪高等裁判所(田中敦裁判長)は、不支給処分を妥当とした。社長の言動は嫌がらせ、いじめに該当するが、激昂の原因は労働者にあったとしている。和解金が支払われ精神的負担も軽減しており、精神障害に至る負荷ではないと判断した。
労働新聞 / 労働新聞社
【2018年11月12日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
社長の激昂、叱責に“正当性”――大阪高裁・労働者が怒りを助長

検索経路
日付別 (月) 2018年11月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み しゃちょうのげっこうしっせきにせいとうせ...
作成者 openknow
作成日時 2018年11月17日 21:25:19
最終更新者 openknow
最終更新日時 2018年11月17日 21:25:19
スキーマ (なし)