ゲストさん [ログイン]
労働新聞 時給額・日当の13分の1に合理性――東京高裁・残業代含むと判断

時給額・日当の13分の1に合理性――東京高裁・残業代含むと判断 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

時給額・日当の13分の1に合理性――東京高裁・残業代含むと判断 

日当制から時給制への変更により賃金が減額になったとして、労働者2人が㈱阪急トラベルサポートに未払い賃金の支払いなどを求めた裁判で、東京高等裁判所(白石史子裁判長)は時給制への変更を認めた1審を支持する判決を下した。同社は海外旅行の派遣添乗員への事業場外みなし労働時間制の適用を否定した最高裁判決を受け、日当を12~13で割った額を時給とする就業規則の改定を実施していた。同高裁は日当には4時間分の固定残業代が含まれていたとして、合理性があると判断した。
労働新聞 / 労働新聞社
【2018年12月3日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
時給額・日当の13分の1に合理性――東京高裁・残業代含むと判断

検索経路
日付別 (月) 2018年12月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み じきゅうがくひなたの13ぶんの1にごうり...
作成者 openknow
作成日時 2018年12月9日 01:39:36
最終更新者 openknow
最終更新日時 2018年12月9日 01:39:36
スキーマ (なし)