ゲストさん [ログイン]
労働新聞 死亡前1カ月に102時時間残業――熊本地裁

死亡前1カ月に102時時間残業――熊本地裁 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

死亡前1カ月に102時時間残業――熊本地裁

ヤマト運輸㈱でセールスドライバーとして働いていた46歳の労働者が、くも膜下出血で死亡したのは業務上災害であるとして、遺族が労災認定を求めた裁判で、熊本地方裁判所(小野寺優子裁判長)は国に労災保険不支給決定の取消しを命じた。同社が実施した未払い賃金の調査を基に、休憩が十分でなかったと推認。死亡前1カ月間の時間外労働は熊本労働基準監督署の算定より多い102時間に上ると判断した。国は、同社の調査は従業員の自己申告に基づくもので、正確でないと主張したが認められなかった。
労働新聞 / 労働新聞社
【2019年7月15日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
死亡前1カ月に102時時間残業――熊本地裁

検索経路
日付別 (月) 2019年7月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み しぼうまえ1かげつに102じじかんざんぎ...
作成者 openknow
作成日時 2019年7月21日 02:25:00
最終更新者 openknow
最終更新日時 2019年7月21日 02:25:00
スキーマ (なし)