ゲストさん [ログイン]

平成29年8月 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

化学物質による災害発生事例
分類その他の化学物質による中毒等
発生状況工場において、社長と所属労働者4名がアーク溶射機を使用して、鋼材(H鋼 最大長さ:4m)に亜鉛溶射吹き付け作業を行っている時、労働者4名が亜鉛ヒュームを吸引し、帰宅後に発熱、吐き気等があったもの。当初、溶射従事者はエアラインマスクを使用する予定であったが、マスクとコンプレッサを繋ぐホースの連結部が異なって接続できなかったため、全員が使い捨て式防じんマスクを着用して、交替しながら作業を実施した。
被災状況溶接工肺4名
発生月平成29年8月
業種金属製品製造業又は金属加工業
発生原因等適切な呼吸用保護具未着用, 呼吸用保護具管理不足・点検不備, 安全衛生教育未実施, 管理責任者等の職務不履行
原因物質亜鉛
引用厚生労働省

前後のページ
平成29年8月

検索経路
発生年度(西暦)別 2017年
発生年度別 平成29年
要因分類別 その他の化学物質
要因詳細分類別 その他の化学物質による中毒等
発生日別 平成29年8月
業種別 金属製品製造業又は金属加工業
被災状況別 溶接工肺4名(休業)
原因物質別 亜鉛
発生原因等別 呼吸用保護具管理不足・点検不備
発生原因等別 安全衛生教育未実施
発生原因等別 管理責任者等の職務不履行
発生原因等別 適切な呼吸用保護具未着用
被災規模(new)別 溶接工肺4名
No AN201910-44
公開日別 2019年10月1日
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み そのたのかがくぶっしつ
作成者 openknow
作成日時 2019年10月5日 12:17:38
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年3月1日 00:53:28
スキーマ (なし)