ゲストさん [ログイン]

平成29年8月 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

化学物質による災害発生事例
分類その他の化学物質による中毒等
発生状況小学校校舎改修工事において、1階トイレのピット内の片付作業(便器のはつりがらの撤去)を行っていたところ、ピット内に溜まった水で濡れた部位に痛み、炎症等があり、受診したところ、化学熱傷と診断されたもの。溜まり水を分析したところ、pH=13の強アルカリ性であった。強アルカリ化の原因は、長年にわたる配管の結露水や掃除に使用されたアルカリ性洗剤に由来するものと推定される。作業者は、保護帽、軍手、安全靴を着用していたが、手袋や安全靴は特に防水性のあるものではなかった。工事着手前のリスクアセスメントに際し、有害性に係る事項の調査が行われていなかった。
被災状況化学熱傷4名
発生月平成29年8月
業種鉄骨・鉄筋コンクリート造家屋建築工事業
発生原因等適切な保護具未着用, リスクアセスメント不足, 作業標準書・マニュアル未作成, 清掃不足, 工事業者への指示内容の不備, 作業主任者・管理責任者等の指示内容の不備、危険有害性認識不足
原因物質強アルカリ性水
引用厚生労働省

前後のページ
平成29年8月

検索経路
発生年度(西暦)別 2017年
発生年度別 平成29年
要因分類別 その他の化学物質
要因詳細分類別 その他の化学物質による中毒等
発生日別 平成29年8月
業種別 鉄骨・鉄筋コンクリート造家屋建築工事業
被災状況別 化学熱傷4名(休業)
原因物質別 強アルカリ性水
発生原因等別 リスクアセスメント不足
発生原因等別 作業主任者・管理責任者等の指示内容の不備...
発生原因等別 作業標準書・マニュアル未作成
発生原因等別 工事業者への指示内容の不備
発生原因等別 清掃不足
発生原因等別 適切な保護具未着用
被災規模(new)別 化学熱傷4名
No AN201910-44
公開日別 2019年10月1日
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み そのたのかがくぶっしつ
作成者 openknow
作成日時 2019年10月5日 12:17:39
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年3月1日 00:57:05
スキーマ (なし)