ゲストさん [ログイン]
労働新聞 佐賀と新潟の差1・18%――協会けんぽ

佐賀と新潟の差1・18%――協会けんぽ [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

佐賀と新潟の差1・18%――協会けんぽ

 全国健康保険協会(協会けんぽ)は令和3年度の都道府県別の保険料率を決定した(表)。全国平均は10%を維持しており、料率が最も高い佐賀と最も低い新潟の差は1・18%で、2年度の1・15%から拡大した。3年度は都道府県ごとの医療費削減の取組み実績を反映する、インセンティブ制度が適用されて2年目となる。インセンティブ制によって最も料率が下がるのは島根の0・057%減、最も上がるのは北海道や東京など24都道府県の0・007%増だった。
労働新聞 / 労働新聞社
【2021年2月15日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
佐賀と新潟の差1・18%――協会けんぽ

検索経路
日付別 (月) 2021年2月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み さがとにいがたのさ118ぱーせんときょう...
作成者 openknow
作成日時 2021年2月21日 01:10:06
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年2月21日 01:10:06
スキーマ (なし)