ゲストさん [ログイン]
労働新聞 技術士制度 公的に継続研鑽を管理――文科省

技術士制度 公的に継続研鑽を管理――文科省 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

技術士制度 公的に継続研鑽を管理――文科省

 文部科学省は、技術者の国家資格である技術士に関し、資格取得後の継続研鑽活動を推進するため、活動実績の管理・活用を促す公的な枠組みを構築する。制度改革の方向性を議論してきた技術士分科会が、報告の内容を固めたもの。諸外国の同種資格が概ね1~6年ごとの更新制を採っていることを踏まえ、資格者の専門性担保を図るのが狙い。試験機関である技術士会にガイドラインの作成、活動記録の確認・名簿作成などの事務を任せるため、年度内にも通知を発出し、施行規則改正の調整を進める。
労働新聞 / 労働新聞社
【2021年2月22日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
技術士制度 公的に継続研鑽を管理――文科省

検索経路
日付別 (月) 2021年2月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ぎじゅつしせいどこうてきにけいぞくけんさ...
作成者 openknow
作成日時 2021年2月21日 01:14:37
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年2月21日 01:14:37
スキーマ (なし)