ゲストさん [ログイン]
労働新聞 条件低下提示に合理性あり――東京地裁

条件低下提示に合理性あり――東京地裁 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

条件低下提示に合理性あり――東京地裁

 大手大学受験予備校の学校法人河合塾で、世界史の講座を担当していた労働者が雇止めを不服とした裁判で、東京地方裁判所(春名茂裁判長)は雇止めを有効と判断し、請求を全面的に棄却した。労働者は平成29年3月に、翌年度の授業のコマ数を減らし、労働条件を引き下げる契約の提示を受けた。従前と同じ条件での更新を申し込んだが、拒否され契約は成立しなかった。同地裁は授業アンケートの結果が低位にあるなど、条件低下の提示には客観的合理性があると指摘。雇止めを有効とした。
労働新聞 / 労働新聞社
【2021年9月6日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
条件低下提示に合理性あり――東京地裁

検索経路
日付別 (月) 2021年9月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み じょうけんていかていじにごうりせいありと...
作成者 openknow
作成日時 2021年9月5日 23:47:11
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年9月5日 23:47:11
スキーマ (なし)