ゲストさん [ログイン]
労働新聞 ビジネスと人権 「方針」策定企業は7割に

ビジネスと人権 「方針」策定企業は7割に [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

ビジネスと人権 「方針」策定企業は7割に

 経済産業省と外務省は、日本企業の「ビジネスと人権」の取組み状況に関する調査を政府として初めて実施した。東証一部上場企業などを対象としたもので、人権尊重の姿勢を示す「人権方針」を策定している企業が約7割に上った。企業活動での人権への悪影響を特定し、影響を予防、軽減し、情報発信する「人権デュー・ディリジェンス」(人権DD)に取り組んでいるのは5割強だった。取り組んでいない理由では、実施方法が分からないことや、十分な人員・予算を確保できないことを挙げるケースが多い。
労働新聞 / 労働新聞社
【2021年12月20日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
ビジネスと人権 「方針」策定企業は7割に

検索経路
日付別 (月) 2021年12月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み びじねすとじんけんほうしんさくていきぎょ...
作成者 openknow
作成日時 2021年12月17日 20:33:53
最終更新者 openknow
最終更新日時 2021年12月17日 20:33:53
スキーマ (なし)