ゲストさん [ログイン]
労働新聞 労使委員会の活用促進――厚労省検討会・議論の整理骨子案

労使委員会の活用促進――厚労省検討会・議論の整理骨子案 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

労使委員会の活用促進――厚労省検討会・議論の整理骨子案

 厚生労働省は、裁量労働制のあり方などを検討してきた有識者会議「これからの労働時間制度に関する検討会」(座長=荒木尚志東京大学大学院教授)におけるこれまでの議論の整理・骨子(案)をまとめた。裁量労働制の適正運用に向け、専門業務型についても労使委員会の活用を促すべきと提言している。裁量労働制で働くことが不適切と労働者本人が判断した場合には、制度の適用から外れることができるようにする必要もあるとした。対象業務の範囲については、経済社会の変化や働き方に対する労使のニーズの変化を踏まえて見直す必要があると指摘している。
労働新聞 / 労働新聞社
【2022年7月18日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
労使委員会の活用促進――厚労省検討会・議論の整理骨子案

検索経路
日付別 (月) 2022年7月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ろうしいいんかいのかつようそくしんあつし...
作成者 openknow
作成日時 2022年7月15日 18:18:47
最終更新者 openknow
最終更新日時 2022年7月15日 18:18:47
スキーマ (なし)