ゲストさん [ログイン]
労働新聞 固定残業代 一方的な減額認めず――東京高裁

固定残業代 一方的な減額認めず――東京高裁 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

固定残業代 一方的な減額認めず――東京高裁

 医薬品開発業務の請負などを営む㈱インテリムで働いていた労働者が賃金減額などを違法として訴えた裁判で、東京高等裁判所(志田原信三裁判長)は固定残業代の減額を有効とした一審判決を変更し、一方的な減額は認められないと判断した。一審の東京地方裁判所は労働基準法所定の方法で算定した金額を下回らない限り、どのような方法で支払っても自由であると指摘。固定残業代を廃止し、実労働時間に応じた割増賃金を支払う扱いに変更するのに、労働者の同意は必要ないとしていた。
労働新聞 / 労働新聞社
【2022年7月18日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
固定残業代 一方的な減額認めず――東京高裁

検索経路
日付別 (月) 2022年7月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み こていざんぎょうだいいっぽうてきなげんが...
作成者 openknow
作成日時 2022年7月15日 18:19:17
最終更新者 openknow
最終更新日時 2022年7月15日 18:19:17
スキーマ (なし)