ゲストさん [ログイン]
労働新聞 心理的安全性が有効――企業活力研究所・報告書

心理的安全性が有効――企業活力研究所・報告書 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

心理的安全性が有効――企業活力研究所・報告書

 従業員が主体的に自身のキャリア形成を考える「キャリアオーナーシップ」とともに、「エンゲージメント(企業貢献意識)」の引上げを
(一財)企業活力研究所の人材研究会(守島基博座長)は、人事部の新たな役割に関する調査報告書を取りまとめた。企業20社とホワイトカラー600人に実施した調査の分析から、キャリアオーナーシップは高いがエンゲージメントは高くない層が一定数いることを指摘した。有効な対策として、個々の従業員の心理的安全性の確保を挙げている。
労働新聞 / 労働新聞社
【2022年7月18日】
https://www.rodo.co.jp/news/

前後のページ
心理的安全性が有効――企業活力研究所・報告書

検索経路
日付別 (月) 2022年7月
区分別 新聞
区分(詳細)別 データなし
キーワード別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み しんりてきあんぜんせいがゆうこうきぎょう...
作成者 openknow
作成日時 2022年7月15日 18:19:45
最終更新者 openknow
最終更新日時 2022年7月15日 18:19:45
スキーマ (なし)