ゲストさん [ログイン]
安全門 カテゴリ 分野別・団体別 福島第二2号機燃料集合体からの漏えい及び主排気筒放射線モニタの指示上昇

福島第二2号機燃料集合体からの漏えい及び主排気筒放射線モニタの指示上昇 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

【説明】

排ガス放射線モニタ等の指示値上昇の原因として、燃料集合体からの漏えいの可能性が考えられたことから、燃料集合体全数(764体)の漏えい検査を実施したところ、燃料集合体1体から漏えいが確認された。   その後の調査の結果、燃料集合体から漏えいした放射性物質の一部(微量)が、タービン建屋の2箇所(湿分分離器(B)レベルスイッチテスト弁グランド部及び排ガス減衰管、バイアルサンプラ電磁弁、ユニオン部から漏えいし、タービン建屋内のダスト放射線モニタ警報が作動するとともに、漏えいした放射性物質がタービン建屋換気空調系を経由して主排気筒に移行し主排気筒放射線モニタの指示値を上昇させたものと推定された。なお、発電所周辺のモニタリングポストに変化はなく、外部への放射能の影響はなかった。

【キーワード】

福島第二2号機, 燃料集合体, 漏えい, 主排気筒, 放射線, モニタ

【発行者】

独立行政法人 原子力安全基盤機構

URL


検索経路
所属カテゴリ別 分野別 > 電気ガス
所属カテゴリ別 団体別 > 公的機関
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ふくしまだいに2ごうきねんりょうしゅうご...
作成者 openknow3
作成日時 2006年2月17日 16:57:16
最終更新者 openknow3
最終更新日時 2006年2月17日 17:01:07
スキーマ (なし)