ゲストさん [ログイン]
安全門 本サイトについて 著作権について

著作権について [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

著作権について

■収集情報、提供情報について
 株式会社安全門が運用する安全門ポータル(以下、「本サイト」と言います。)は、第三者の知的財産権を尊重しており、ユーザーのみなさまも同様に第三者の知的財産権を尊重するよう努力するものとします。万一、ご自身の著作物の著作権が侵害されたと判断された場合には、本サイトに対し次の情報をご提供ください。

  • 申告された方の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 著作権者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 申告された方が著作権者でない場合には、著作権者を代理する法律上の権限を有していることの根拠の説明
  • 著作権が侵害されたと主張される著作物についての説明
  • 侵害していると主張される原著作物が掲載されている場所
  • 問題となっている著作物の使用等が著作権者に無断で使用されていると主張される法律的な根拠についての説明
  • 上記について情報をご提供いただくことは、本サイトで何らかの行為を行うことを保証するものではありません。

■コンテンツについて 
 本サイトに掲載している内容・写真・イラストなどの著作物は、日本の著作権法及びベルヌ条約などの国際条約により、著作権の保護を受けています。

 著作権者の許諾を得ずに本サイトを利用できるのは、以下の【著作権の制限】に記載した「私的使用のための複製」や「引用」など特定の場合に限られます。利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。また、記事を要約して利用することも、一般に著作権者の許諾が必要です。

著作権の制限
 著作権者の権利が制限される場合は、承諾なしに著作物を利用できますが、それぞれ条件があります。代表的なケースとして以下のようなものがあります。

私的使用のための複製
 私的使用は、著作権法で「個人的に、または家庭内その他これに準ずる限られた範囲内で使用すること」と定義されています。私的使用を目的とする複製は、使用する人が自身でする必要があります。記事、写真などのデータをダウンロードしたり、蓄積したりすることも、法的には「複製」に当たります。営利を目的としない場合でも、上に挙げた範囲を超えてダウンロードしたり蓄積したりすれば、私的使用とは言えません。
 また、インターネットのホームページに内容や写真をコピーして貼り付けることは、その運営者が個人であっても私的使用にはなりません。インターネットに載せれば大勢の人がアクセスでき、「家庭内その他これに準じる限られた範囲」で使うとは言えないからです。

私的使用のための複製や引用など、本サイトを利用する場合には、著作権法で特別な定めのある場合を除き、本サイトの利用許諾が必要です。


     株式会社安全門

アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ちょさくけんについて
作成者 openknow
作成日時 2006年3月27日 20:15:44
最終更新者 openknow
最終更新日時 2013年12月16日 00:21:45
スキーマ (なし)