ゲストさん [ログイン]

バイオエレクトロニクス [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

単語バイオエレクトロニクス
英名Bioelectronics
類似語・同意語バイオニクス, 生物 エレクトロニクス, バイオナノエレクトロニクス, バイオ分子エレクトロニクス
説明生命体が持つ俊敏でフレキシブルな神経系、多種多様な感覚器、複雑な記憶と演算処理を行う脳組織は いずれもが、コンパクトかつ省エネルギーで情報処理を行っている。このようなシステムは、現在の半導体デバイス技術では不可能であるが、 「バイオエレクトロニクス」は、生体の持つ優れた特性をエレクトロニクス技術に取り込んでいこうという分野である。

 バイオエレクトロニクスは、ナノテクノロジー、エレクトロニクス、生命科学を融合する技術であり、人工的にマイクロバイオシステムを創製する技術である。医療情報処理、バイオセンシングやマイクロマシーニング技術との統合により、生体系とのインタフェースを開発する技術として期待される。

●応用分野
脳コンピュータ、分子デバイスDNAコンピュータ、バイオセンサー、バイオチップなど、広い応用が期待される。

●関連用語
  • ナノエレクトロニクス(Nanoelectronics): ナノメータ程度の極微小サイズで動作する新たなトランジスタを作る技術分野。
  • 光ナノエレクトロニクス(Optoelectronics): 光学とエレクトロニクスとが融合した光電子技術のことで、レーザや光ファイバーが代表的である。光通信、光記録、光電変換、情報表示などのシステムがある。
  • バイオニクス(Bionics): 生体機能と工学の融合を意味する。
出典・引用・提供株式会社 オープンナレッジ http://www.openknow.com/

前後のページ
バイオエレクトロニクス

アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ばいおえれくとろにくす
作成者 openknow
作成日時 2005年11月8日 16:47:16
最終更新者 openknow
最終更新日時 2006年4月1日 12:03:38
スキーマ (なし)