ゲストさん [ログイン]
オープンナレッジBOOKS 書籍一覧 地球温暖化の現場から

地球温暖化の現場から [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

地球温暖化の現場から
地球温暖化の現場から
原書名:Field Notes from a Catastrophe: Man, Nature, and Climate Change.
著者:Elizabeth Kolbert [エリザベス・コルバート ]
翻訳:仙名 紀
四六判 / 232ページ
価格:1,600円+税
発行日:2007年2月26日
出版:オープンナレッジ
ISBN:978-4-902444-49-0
Amazonで書籍を購入
地球温暖化の現場からの報告。滅ぼされる命の現実を直視!

「ニューヨーク・タイムズ」記者経験のある著者が書いた本書は、不用意に温暖化の不安を煽るものでもなく、無責任な持論を展開するでもない、「地球温暖化の実情を伝えること」を目的とした、客観的事実に基づいたルポである。フィールドワークによって得た事実は現場からの危機的状況を冷静に語る。


私たちはこれからも真実から目をそむけて卑近な利益だけを追い求め、破滅を迎えるのだろうか。

技術によって進歩をとげてきた社会が、その技術によって自らの破滅を招いていることなど想像しにくいかもしれないが、私たちは今その過程を歩みつつある。

(本文より)


地球温暖化のテーマはきわめて大きなインパクトがあったため私は何千か所とは言わないまでも、何百か所かも訪れた。

温暖化の影響を求めて、シベリアからオーストリア・アルプス、オーストラリアのグレート・バリアフリーフから南アフリカで多様性植物相を誇るフィンボス地域にまで足を運んだ。

これらの地点における証拠は多岐にわたるそれぞれ別種のものだが指し示している結論は同じだった。

(「はじめに」より)


内容を見る

目次

  1. はじめに
  2. 第一部 自然
    1. 1章 アラスカ・シュシュマレフで
    2. 2章 大気の温暖化
    3. 3章 氷河の下では
    4. 4章 チョウとヒキガエル
  3. 第二部 人間
    1. 章 アッカドの呪い
    2. 6章 浮かぶ家
    3. 7章 成り行きまかせ
    4. 8章 京都議定書の今後
    5. 9章 ヴァーモント州バーリントン
    6. 10章 人類新世に生きる私たち
  4. 年表
  5. 訳者あとがき

著者等紹介

Elizabeth Kolbert [エリザベス・コルバート]
「ニューヨーク・タイムズ」記者を経て、1999年から、雑誌「ニューヨーカー」誌記者に。この本の連載記事は、「雑誌科学記事の向上に貢献した」として、科学記事普及協会から賞を与えられた。アメリカ・マサチューセッツ州に、夫および三人の息子たちと暮らしている。

地球温暖化の現場から(東京新聞、中日新聞20070326)
地球温暖化の現場から(東京新聞、中日新聞20070326)


前後のページ
地球温暖化の現場から

検索経路
発行日別 (年) 2007年
ジャンル別 社会科学
所属カテゴリ別 データなし
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み ちきゅうおんだんかのげんばから
作成者 SEKINE
作成日時 2007年3月22日 11:41:56
最終更新者 openknow
最終更新日時 2011年4月14日 12:15:23
スキーマ (なし)