ゲストさん [ログイン]
オープンナレッジBOOKS 書籍一覧 シリコンバレー式で医療費は安くなるのか

シリコンバレー式で医療費は安くなるのか [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

シリコンバレー式で医療費は安くなるのか
シリコンバレー式で医療費は安くなるのか
The End of Medicine
原書名:The End of Medicine
著者:Anddy Kessler[アンディ・ケスラー]
翻訳:桐谷 知未
四六判 / 400ページ
価格:2400+税
発行日:2007年8月9日
出版:オープンナレッジ
ISBN:978-4-902444-59-9
Amazonで書籍を購入
『シリコンバレー式で医療費は安くなるのか』心臓病、脳卒中、がんの三大疾病が過去の病になる日はくるのか?そして、医者が消え、コンピューターが診療する日がやってくるのか?

テクノロジーがあらゆるものを安く快適にしている時代だというのに、医療費は一向に安くならないのはどうして?!

金融アナリストの著者はその答えを求めるべく、医科大生に混じって調査を開始する。彼が目にしたものは、精度と鮮明さを増すCTスキャン、脳や大腸の中を自由に飛びまわれる3Dモデリング、腫瘍の位置を探り当てるバイオマーカー・・・。

心臓病、脳卒中、がんの三大疾病が過去のものになる日はくるかを、医療界を探検することによって答えをさぐるノンフィクション。

目次

  1. 第1章 首が折れた?
  2. 第2章 健康診断
  3. 第3章 カテーテル室にて
  4. 第4章 私はここで何をしてるんだ?
  5. 第5章 核医学検
  6. 第6章 医者は勘定しているのか?
  7. 第7章 X線
  8. 第8章 血液検査
  9. 第9章 近視矯正手術
  10. 第10章 三大疾病
  11. 第11章 魔法薬
  12. 第12章 ゲアリー・グレーザーに会う
  13. 第13章 パラボラアンテナ
  14. 第14章 身近な疑問
  15. 第15章 コレステロール疑惑?
  16. 第16章 カルシウム・スコア
  17. 第17章 医療上不必要?
  18. 第18章 スキャンのペテン
  19. 第19章 医者かコンピュータか
  20. 第20章 医者は退場
  21. 第21章 3D
  22. 第22章 CTシンポジウム
  23. 第23章 遺伝子検査
  24. 第24章 注射器は置いてないかな?
  25. 第25章 遺伝子チップの重要性は?

著者等紹介

アンディ・ケスラー [Andy Kessler]
AT&Tベル研究所に5年間勤めたのち、エレクトロニクス・半導体業界担当のアナリストに転身。モルガン・スタンレー、アンターバーグ・ハリスなどを渡り歩く。その後、シリコンバレーを拠点とするヘッジファンドを設立し、テクノロジー・通信関連企業への投資を行って成功を収める。
現在は作家としてノンフィクション作品を発表するかたわら、ウォールストリートジャーナル、ワイヤードなどに寄稿している。主な著書に『ウォール街アナリスト物語』、『シリコンバレー・ヘッジファンド運用記』(いずれもエナジクス)がある。

前後のページ
シリコンバレー式で医療費は安くなるのか

検索経路
発行日別 (年) 2007年
ジャンル別 経済・金融・経営
所属カテゴリ別 ビジネス
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み しりこんばれーしきでいりょうひはやすくな...
作成者 openknow84
作成日時 2007年7月5日 11:16:32
最終更新者 openknow
最終更新日時 2008年6月29日 09:49:40
スキーマ (なし)