ゲストさん [ログイン]
オープンナレッジBOOKS 書籍一覧 ビジネスがうまい人の賢い考え方

ビジネスがうまい人の賢い考え方 [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

ビジネスがうまい人の賢い考え方
ビジネスがうまい人の賢い考え方
著者:ラリー・カハナー
翻訳:尹 泰聖 [ユン テソン]
四六判 / 196ページ
価格:1600円+税
発行日:2008年3月25日
出版:オープンナレッジ
ISBN:978-4-902444-68-1
Amazonで書籍を購入

ユダヤ人の教え『タルムード』のビジネス版!

世界の経済界で活躍するユダヤ人が5000年前から口伝してきた『タルムード』とは、約250万語からなる人間の生活全般の指南書である。そのテーマとは、ビジネスや建築、医学、子育てなど、人生のあらゆる側面に及んでいる。

本書は、その膨大な書物の中からビジネスに関連している項目のみを取りあげ、まとめたものである。どのようにして商売を成功に導くか、品格ある交渉とはどのようなものか、どうすれば雇い人の忠誠心が得られるのか、品物の売り方は、効果的な宣伝とは、より大きな利益を上げるにはどうすればよいのか。これらは古くからのテーマであるが、今日も変わりなく存在する。なぜなら、人間の性質や商売の基本は昔も今も変わらないからである。本書は、お金や利益、労働についての奥深い教訓からスタートして、ビジネス上のより複雑な問題を検討していく。また、この教訓を企業経営にどう利用するかを紹介している。

目次

 

はじめに:現代のビジネス世界への手引き 
1500年前の書物からビジネスの何が学べるか        
なぜビジネスが重要視されるのか

第1章:お金がプラスの力を持つための条件       
お金があって本当の祈りができる/貧困は美徳ではない/貧しい人生はまともな人生ではない       人間は財産の一時的な管理人に過ぎない/必要以上のものを求めすぎてはいけない/現代の株式投資にも参考にできる投資法/お金と人生のバランスを求める/自分の分け前を喜ぶ/宝くじをどう考えるべきか/企業は人類の幸福のために利益を求める

第2章:労働は神聖である
労働は働く者に名誉を与えてくれる/すべての労働には尊厳がある/問題なのは仕事の種類ではない       仕事は心の安定をもたらしてくれる/仕事によるストレスを癒す/仕事での問題点は安息日をもつことで癒される/サバティカルを経験する/安息年は役に立つか/自分でビジネスを行なう/常にバランスをとる

第3章:社員を大事にする企業ほど利益を上げる
優れたリーダーシップとは何か?/成功するためには現地の慣習に従う/ネズミと穴のどちらが悪いのか/労働者の生命の価値はいくら?/働く場を存続させる/解雇の背後にある動機は何か?

第4章:正しく仕事を与え、正しく仕事をする
できない仕事を中止する権利/労働組合結成の権利/休憩の権利を乱用すべからず/ちょっとした盗みというものはない/仕事探しは公正な方法で

第5章:企業の利益と倫理の関係
ビジネスの基本は昔と変わらない/正しい価格を設定する/正しく量る/不正な印象を与えることを避けよ/盗人には仁義なし/買い手に誤った印象を与えてはいけない/ワインに水を混ぜるな/利害関係のねじれに留意すべし/会社のベールに穴を開ける/それは正しい取引ではない/買い手のことを知るべし/企業は利益を求めるべし

第6章:環境と利潤のバランス
無駄にするな/環境問題の先頭に立つ/汚物処理についての細かい決まり/環境と経済成長はどちらが大事か/環境規定にどう対処すべきか

第7章:共同事業、取引、負債のルール       
共同事業の前に相手の信仰の対象を知る/慈善という形のパートナーシップ/クエーカーオーツ社とスナップル社のミスマッチな合併/公正な分割とは/取引はどの時点で完了するのか/取引には何が含まれるのか/価格が変わっても合意は依然有効か?/手付金はよいビジネス慣習か/貸付と利息の違いとは?/借金についての考え方/債務者の責任とは/貸し手の責任とは

第8章:競争は真の競争者のためだけに       
町の外から来た競争者/一番乗りはいつでもベストか/カテゴリー・キラーを受けて立つ/独占権には許可が要る/知的財産の保護は入念にすべし/知的財産の限定的使用の保護 

第9章:学びは一生続く         
最も価値ある財産とは?/教育された社員たち/早期教育は充分にペイする/情報を知識に変えられるかがカギ/学んだことは実際の役に立たなければいけない/優れた教師とはどんなものか?

第10章:慈善を行なうことは義務       
慈善にはエチケットが必要である/慈善の八つの方法

第11章:ビジネスの究極の秘訣はよい評判にある       
評判は積もり積もって手に入れる/どのようにして高い評判がインテルを救ったか/評判は富と良識の両面で成り立つ/共同ブランディングを利用する/評判、イメージ、ブランドの違いは?/インターネットでは評判が命である/評判を失うことは死にも等しい

おわりに:タルムードから学べるのは何か       
手早く学習するものではない/私たちへの最大の贈り物として利用する

著者等紹介

ラリー・カハナー
ボストン大学でジャーナリスト修士号を取得し、新聞・雑誌への寄稿、テレビ、ラジオのコメンテーター、講演者として活躍するジャーナリストである。著書の『競争優位の情報戦略―公開情報でここまで読めるライバルの経営戦略』(トッパン)は、『ビジネスウィーク』誌のベストセラーに選ばれ、6ヶ国語に翻訳されている。その他、パトリシア・ジョーンズとの共著『世界最強の社訓―ミッション・ステートメントが会社を救う』(講談社)などがある。

前後のページ
ビジネスがうまい人の賢い考え方

検索経路
発行日別 (年) 2008年
ジャンル別 経済・金融・経営
所属カテゴリ別 経営・経済・ビジネス
アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み びじねすがうまいひとのかしこいかんがえか...
作成者 SEKINE
作成日時 2008年2月25日 10:42:16
最終更新者 Yuko TOJO
最終更新日時 2008年5月28日 13:56:25
スキーマ (なし)