株式会社オープンナレッジ - システムサイト

  • 日本語
  • ???
  • English
ゲストさん [ログイン]

Open Knowledge Viewer [オープンナレッジ・ビューア]

スタンダード/プロフェショナル


  1. 製品概要
  2. 動作環境
  3. 製品の機能
    1. マウスだけで操作可能なユーザにやさしいインタフェース
    2. データを読み込み自動的に可視化
    3. 多様な可視化モデル
    4. データの自動分類、自動計算
    5. 可視化画面上での動的リアルタイム検索可能な高機能検索エンジン
    6. 全体像(俯瞰)と詳細像を同時に可視化
    7. 時系列分析、関係分析など分析機能を強化
    8. 関連分析・関連検索
    9. 可視化モデルの切り替え
    10. 画面の分割/結合、可視化モデル間の同期
    11. データ間における関係、関連、方向を表示
    12. アイコンの活用
    13. アニメーション機能(録画、保存)
    14. ブックマークやメモ機能で分析作業を補助
    15. コピー/保存/印刷/PDF出力
  4. 応用分野
  5. 製品の位置付けと応用分野

製品概要

数値やテキストなどが混在したデータベースを可視化するソフトウェアです。

データの処理、検索、分析、可視化が可能です。

マウスだけで大容量のデータを分析・可視化できます。

ヒトとデータベースをつなぐツールとして、グラフィカルかつインタラクティブな表現で、多様な可視化を行います。多数の可視化モデルから選択することができます。

複数の可視化モデルを組み合わせることで、同一のデータを異なる目的と観点から分析することが可能です。

可視化画面上で、データをリアルタイム検索することが可能です。

ローカル環境で使用するスタンドアロンバージョンです。


言語:日本語

対応データ:Excel ファイル(*.xls/*.xlsx)、CSVファイル(*.txt, *.csv), Access ファイル、データベース(RDBMS)

制限:1台のコンピュータに1セットをインストール可能です。

$ref.image(10000664)

$ref.image(10000670)

動作環境

OS:Windows XP 以降

メモリ:512MB以上(1GB以上を推奨)

モニタ:1024 x 768 ピクセル以上


製品の機能

マウスだけで操作可能なユーザにやさしいインタフェース

 可視化の移動/回転/拡大/縮小、項目の絞り込み/除外等の操作は、マウスのみで直感的に行うことができます。また、アイコン設定により、可視化画面上でのターゲットの動きを一目で把握することが可能です。

データを読み込み自動的に可視化

 Excel/CSV/AccessファイルやRDBMSを読み込み、データ構造を自動的に解析して可視化を行います。

多様な可視化モデル

 読み込んだファイルのデータ構成を自動的に解析し、可視化を行います。

 基本的なグラフ種類に加え、ヒートマップ/タイル/レーダービーム/ネットワーク/花/ブドウなど、独自の可視化モデルが豊富です。多数の可視化モデルから用途に応じた選択が可能です。

データの自動分類、自動計算

 データ項目を自動的に分類し、集計します。1つのセルが複数の値を持つ場合でも、個々の値の集計が可能です。数値に関しては、平均値/標準偏差/分散などの統計処理を行うこともできます。

可視化画面上での動的リアルタイム検索可能な高機能検索エンジン

 キーワード検索、範囲指定検索、詳細検索などが可能な高機能検索エンジンを搭載。データの検索はリアルタイムで可視化画面に反映されます。検索結果を段階的に絞り込むことも可能です。

$ref.image(10000671)

全体像(俯瞰)と詳細像を同時に可視化

 データの全体像を見ながら、詳細像を把握することが可能です。検索結果の所属関係、位置関係などが一目で把握できます。

時系列分析、関係分析など分析機能を強化

 数値分析、関係分析(相関関係、方向関係、時間関係、所属関係等)が可能です。また、回帰分析、相関分析、分散分析、要因分析などの専門的統計機能を搭載し、調査分析業務を支援します。

関連分析・関連検索

 カラムの結合設定をもとに、異なるテーブル間の1対1関連、1対多関連、多対多関連を可視化することができます。

可視化モデルの切り替え

 ウィンドウ内に表示する可視化モデルを、自由自在に切り替えることができます。現在、表/ルーフ/棒グラフ/棒リスト/折れ線グラフ/円グラフ/レーダーチャート/散布図/ヒートマップ/タイル/ネットワーク/レーダービーム/花/ブドウ モデルを用意しています。

画面の分割/結合、可視化モデル間の同期

 ウィンドウの領域を、上下左右に分割することができます。分割した領域には、それぞれ別々の可視化モデルを表示することが可能です。分割した領域は常に同期しており、一方で選択や絞り込みを行うと、他方にもその結果がリアルタイムに反映されます。分割は、画面サイズが許す限り、無制限に行うことができます。この機能により、同一の条件下で複数の可視化モデルによる分析を同時に行うことが可能になります。また、分割した画面は自由に結合することが可能です。

データ間における関係、関連、方向を表示

 ネットワークモデルはデータ間関係を、レーダービームモデルはデータ間の関連度を表示しています。その強さは線の太さで表しており、可視化画面上で特定のデータをクリックすると、それを中心とした新しいネットワーク(又はレーダービームモデル)が形成されます。

また、データ間方向性も表示することができ、矢印として表示しています。双方間におけるデータのやり取りがある場合、その分析に有効です。例えば電話やメールなどの通信手段分析、銀行口座明細などの資金流れ分析、図面や仕様書などの文書参照関係分析、論文の引用関係分析など多くの分野で有効に活用できます。

$ref.image(10000676)

$ref.image(10000672)

アイコンの活用

 素材集を準備しており、カラムごとにアイコンで設定することができます。また、特定のデータのみにアイコンを設定することも可能です。

$ref.image(10000673)

アニメーション機能(録画、保存)

 検索結果をアニメーションすることで、行動パターンなど時間軸によるデータの動きが把握できます。

ブックマークやメモ機能で分析作業を補助

 検索や絞り込みの結果をブックマークとして保存し、後から復元することが可能です。また、気になった点を分析中の画面にメモとして書き込むことができます。

コピー/保存/印刷/PDF出力

 可視化画面はコピー、印刷、保存等を行い、資料作成やプレゼンテーションに利用することができます。また、本ソフトウェアを利用するユーザ間で分析結果を共有することも可能です。


応用分野

>>本ソフトウェアの適用事例はこちらをご覧ください。


製品の位置付けと応用分野

$ref.image(10000669)


アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み おーぷんなれっじびゅーあ(すたんどあろん...
作成者 openknow
作成日時 2008年3月4日 00:16:46
最終更新者 openknow
最終更新日時 2014年1月29日 13:01:20
スキーマ (なし)