平成18年 9月

TOPへ戻る
化学物質による災害発生事例
分類特定化学物質による中毒等
発生状況鋳造工場において、硬化剤(主成分:硫酸38%)のコンテナが空になったため、新しいコンテナへの交換作業中、コンテナにホースを接続せず開閉バルブを開放したところ硬化剤が噴出し、交換作業を行っていた被災者が顔面部等に硬化剤を浴び、コンテナの開閉バルブを閉止できず、硬化剤500リットル程度が漏洩したもの。
被災状況薬傷1名
発生月平成18年 9月
業種自動車製造業
発生原因等作業主任者選任せず, 単独作業, 誤操作時の安全対策(ホースを接続しないと開閉バルブを開放できない構造にするなど)不十分, 作業標準未作成, 安全衛生教育不十分
原因物質硫酸
引用厚生労働省