アストラゼネカ紛争が全面解決――和解協定は会社主導で

製薬売上げ世界第12位のアストラゼネカ(本社・イギリス)で続いていた複数の労使紛争が一挙に解決した。労働側と同社日本法人との間で和解協定がこのほど締結され、従業員側の正式な交渉相手として初の社内労組(アストラゼネカ従業員労働組合)も立ち上がった。ベテランMRに対する降格・減給を中心に争っていたが、昨年東京地裁が「解雇無効」と判決、同高裁も考えを維持し和解を勧告していた。最終的には、経営側が建設的に話し合って会社を運営する方針に転換した。
労働新聞 / 労働新聞社
【2018年7月9日】
https://www.rodo.co.jp/news/