国立神戸視力障害センター

【説明】

当センターは、人生の中途で視覚に障害を受けた人たちが入所又は通所し、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師となるための職業教育、及び日常生活や社会生活上必要な歩行、点字等の諸技術を身につけるための諸訓練を行い、社会的、心理的、職業的に自立し、社会復帰することを目的としている。
●施設の種類:
身体障害者福祉法第29条の規定に基づく国立(厚生労働省)の「身体障害者更生施設」、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律第2条の規定に基づく「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師養成施設」、学校教育法第82条の2の規定に基づく「専修学校」

【キーワード】

国立神戸視力障害センター, 視覚障害, 職業教育, 社会復帰

【発行者】

国立神戸視力障害センター

URL

http://www.kobe-nhb.go.jp/